So-net無料ブログ作成

13mmゲージ 組立式レールの製作(第8回) 四次試作品 [>13mmレール]

前回の第三試作品の問題点は
(1)突起と穴の嵌め合わせがきつい
(2)分解に要する力が大きすぎ
(3)犬釘とレールの嵌め合わせがきつい
 というものでした。今回は、寸法の修正で対応しました。
 ただ、構造の抜本的な見直しを止めたわけではなく、どのような構造が良いかは今も考え続けています。

13mmゲージ 組立式レール 第8回001.jpg

 出力はいつも通りDMMに依頼しました。今回の素材には、新たにサービスが開示されたPA12GBを選びました。PA12GBには「PA12の強化品」という説明がされています。「GB」はガラスビーズのことでしょうか。なお、価格はPA12と同じでした。
かなり色が違いますが、まとめて出力依頼したものです。

13mm レール 第8回002.jpg

 前回試作品(左)と今回試作品(右)を並べてみました。微妙にピンボケしてます。
 素材自体の見た目や触感は、PA12と変わらないように思います。
 ただ、これまでのPA12の試作品と比較して、造形のエッジがシャープになっているように思います。素材として造形に差が出るのか、あるいは今回たまたまなのかは分かりません。

13mm レール 第8回003.jpg
13mm レール 第8回004.jpg

 前回試作品(修正前)と今回試作品(修正後)の拡大です。寸法の微調整ですので、見た目はほとんど変わりません。問題点(1)(2)に対しては、突起をわずかに薄くし、突起の先端の窪みの位置と寸法を修正してあります。概ね狙い通りになりましたので、この寸法で進めることにします。
 問題点(3)については、今度は緩くなりすぎがたつくようになりました。ちまちまと修正を繰り返しても時間とお金がかかるだけですので、様々な寸法の犬釘を1つの出力品に造形し、その中で最も良いもの選ぶのが良いかもしれません。

13mm レール 第8回005.jpg
13mm レール 第8回006.jpg

 犬釘の外形寸法も要検討です。最初の設計の段階では、PA12の特性が分かりませんでしたので、見栄えよりも強度の確保を優先し、できるだけ大きくしました。実際出力してみましたところ、素材の強度が想像よりかなり高いことが分かりましたので、必要強度を確保しつつもう少し小さくできるように思います。

 ともかく、ここまで来ましたので、完成を目指して進めます。次は、電圧降下抑制のための引き通し配線の端子の検討です。
(続く)

共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。