So-net無料ブログ作成

13mmゲージ組レールの製作(第1回) 製作検討 [>13mmレール]

13mm 1.jpg

 マイクロエンジニアリング社(ME社)製のコード70のレールと、DMMの3Dプリント出力サービスを使用し、13mmゲージの組レールを製作するという試みです。完成するかどうか分かりません。

 13mmゲージの組レールが欲しく、篠原模型店のフレキを使用しての製作を思い立ち、試作検討用としてフレキを1本購入してみました。ですがその直後、篠原模型店が廃業するというニュースがあり、この計画は頓挫しました。
 ネット上には、カトーのユニトラックを13mmゲージ化するという手法が公開されていますが、自分の腕では到底無理です(特にポイントが)。イモンの組レールを持っていますが、複線エンドレスができず、ポイントもないという状況です。

 とは言え、ぼやいていても状況は変わりません。多少お金がかかってもいいから、楽をして精度のよい組レールを製作したいと考え、3Dプリント出力サービスの利用を検討します。DMMの3Dプリントサービスに新たに加わったMJF(PA12)が、比較的安価で物性的にも使用できそうに思われます。使えるレールを探していたところ、ME社からコード70のレールが販売されていることを知り、検討用に購入しました。ただし、ME社のレールは、日本国内では常時入手可能というわけではないようです。

 レールを入手できたので、道床の3Dデータを作成します。道床の形状や寸法は、カトーのユニトラックを参考にしています。塗装を考えれば、枕木と道床を別部品にするのが良いのでしょうが、強度や組立て精度を考えて一体にしました。犬釘は鉤状にして、レールをスライドさせて差し込むことができるようにします。

13mm 2.jpg
13mm 3.jpg

 枕木には、接着剤を流し込むための孔を開けました。犬釘の強度が充分でない場合に、レールを枕木に接着するためです。正直なところ、個人的には、3Dプリンタの出力品はそれほど強度が高くないというイメージがあり、一体造形された犬釘に必要な強度があるのか不安です。
 道床どうしの連結構造はまだ考えていません。製作可能かどうかを判断するための最低限の設計です。
 この内容で、出力を依頼しました。

共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。